« 美酒 | トップページ | 愛国心ではなく »

ネット世論とマスコミ報道の温度差

 最近の、大手マスコミが熱心に報道するメディア不祥事といえば、関西テレビの「あるある捏造問題」である。一方、ネット世論が注目し、罵声を浴びせかけているのはTBSの捏造問題だ。

 ここのところ、立て続けにTBSの報道の根幹に関わるような問題が発覚している。一つは、「総合格闘技HERO’S 2007開幕戦」でのニセ掲示板作成事件、そしてもう一つは、朝ズバッ内での、不二家不祥事捏造事件である。前者は、弊ブログの「記憶で作った番組」をご参考いただくとして、今回の事件のあらましは、サンスポの記事から抜粋したい。

 特集では、不二家の元従業員とされる女性が顔を映さずに登場。神奈川県の平塚工場で賞味期限切れのチョコレートを出荷先から回収、包装を外して溶かし、牛乳を混ぜて新品として再出荷する作業を日常的に行っていると伝えていた。不二家は同日の放映直後に「事実と異なる点があるので確認してほしい」とTBSに説明を要求。両社間で話し合いを重ねてきたが、不二家広報室は「(現在も)納得がいく説明をいただいていない」としている。不二家が同社の一連の不祥事を調査するため社外に設置した「信頼回復対策会議」によると、「流通システム上、チョコが工場に戻ることはありえず、牛乳を混ぜるプラントも実在しない」。同会議はこうした経緯について、30日に発表する一連の不二家問題の調査報告書に盛り込む。TBSは28日、記者会見を開き、“告発”証言をした女性が勤務していたのは10年以上前であり、再出荷作業が日常的だったとする部分は「10年以上前の状況についての証言だった」と明かした。牛乳を混ぜるとした部分については「実際は何を入れたか分からない」とし、「正確性を欠いた」と不二家側にすでに伝えたという。また、賞味期限切れだったというチョコが実際に店舗からの回収品だったかどうかは、「証言の力が大きいケース。流通ルートの事実関係を確認する裏付け取材が十分ではなかった」と釈明。「視聴者が誤解する可能性があった」とした。その一方、(1)賞味期限切れのチョコを溶かして再使用していた(2)賞味期限切れのチョコの包装を外し、新たに包装していた-という番組の「根幹部分の2点は間違いない」と明言。「断じて捏造ではなかったと確認している」としている。

 TBS側の公式見解には突っ込みどころがありすぎて、どこから書いていくべきが筆も惑うほどだが、さらにTBS井上社長の「(週刊文春の)見出しには『捏造』と書いているが、言葉を扱う側としてはどうだろうか。報道したことが正しいか間違っているかという議論はあるが、捏造というのはどうか」という言葉には、あきれるを通り越して苦笑しかわいてこない。

 週刊文春に言葉を扱うものの心得を問う前に、なぜ自分たちの報道をする側の心得に対して思いが至らないのか。わからずに言っているなら、お頭の具合が不自由であるとしか思えぬし、わかって言っているのであれば、人間として下衆である。このような人間がトップになる会社を信用できるはずがない。さっさと廃業してもらいたい。もちろん、これは、TBSとTBS井上社長への励ましの言葉である。

 と、まあ、毎度ながら笑わせてくれるTBSの小学生なみの詭弁は、すでにお家芸ともいえるが、不思議なのが他のマスコミ、特にテレビ・新聞の扱いである。関テレ社長の辞任問題は盛んに報道するのに、こちらはほんの少し、お茶を濁す程度に触れるだけ、毎日新聞などは、そんなことは無かったかのごとく完全無視である。それに対し、ネット世論では圧倒的にTBSの不祥事を弾劾する声が高い。この温度差は何だろうか?

 理由は容易に想像がつく。TBSがやっている程度のことは、自分たちも日常的にやっているから、下手に大きく報道できないのだ。薮蛇になることを避けたいのだ。だから、わざと小さく扱う。そこには、自分たちが扱わなければ、大きな世論に育たないと思い込んでいる傲慢さがある。確かに、ネットが一般家庭にまで普及するより前はそうだった。だが、今は違う。彼らが、それに気付くことができるのは、一体いつになるになるのだろう。

 気付けないままの彼らに、最早社会の木鐸を自任する資格はない。

|

« 美酒 | トップページ | 愛国心ではなく »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/278227/5903065

この記事へのトラックバック一覧です: ネット世論とマスコミ報道の温度差:

« 美酒 | トップページ | 愛国心ではなく »