« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

大きな猫を探して

 ロイター通信社の報道によると、フランス南西部はボルドー近郊の村で、謎の「大きな猫」の目撃が相次いでいるという。その「大きな猫」の姿を見た村民は、「子供のトラ、もしくはジャガー、ヒョウかもしれない」と話しており、警察は捕獲を目論んでいるが、まだ見つかっていないとのことだ。

 当然だが、フランスのボルドーに虎や豹など猫科の大型動物は生息していない。考えられるのは、ペット用に密輸入された動物が逃げたというケースだろう。猫科の野生動物はワシントン条約で輸出入を禁止されているものが多く、逃がした飼い主が名乗り出てくることはまずないと思われる。

 それにしても心配なのは、その「大きな猫」の安否である。もしこの正体が猫科大型動物なのであれば、温暖な海洋性気候で、夏は猛暑ともなるボルドーの気候にも適応できるかもしれないが、まだ「猫」と表現されるほどの幼い個体である。餌も満足にとることができない可能性が高い。また、他の動物を狩るための罠にひっかかったり、交通事故に合う可能性もある。また猫科の動物は、長らく母と暮らす種も多い。どういう経緯で、フランスの一地方に「大きな猫」が現れることになったのか不明だが、母である個体になんらかの危害なり異変があったのは間違いないだろう。

 人間の身勝手で、野生動物を傷つける行為は、許されるものではない。今はただ、この「大きな猫」が無事保護されることを祈るばかりである。

「正体不明の“大きな猫”の目撃情報相次ぐ フランス」

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184983942.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミの自己欺瞞

 まずは、月曜日のゴールデンタイムの民放番組表を見ていただきたい。

19:00~20:00
日本テレビ 結界師 「呪力封じの魔方陣」 /名探偵コナン 「黄色い不在証明」
TBSテレビ 関口宏の東京フレンドパーク2 筧利夫&宮川大輔&時東ぁみが来園!!▽超爆笑!珍プレー▽目指せ!グランドスラム!!
フジテレビ ネプリーグ 豪華ゲストと楽しい話題をお届けします!!▽常識クイズ・ファイブリーグ
テレビ朝日 美味・紳助 「カロリーダービー第2弾・女性アスリート編」起床から就寝まで完全密着!!意外な素顔が
テレビ東京   主治医が見つかる診療所 「骨粗しょう症」寝たきりにならない方法▽骨を溶かす細胞とは?(予定)

20:00~21:00
日本テレビ 世界まる見え!テレビ特捜部 筋肉自慢の母を娘好みに!!▽冷え冷え焼き肉サービス
TBSテレビ 水戸黄門 「美人妻と武士の一分・遠野」
フジテレビ ヘイ!ヘイ!ヘイ! 今夜のゆかりはポルノグラフィティが登場!!▽ジューク…ミヒマルGT
テレビ朝日 クイズプレゼンバラエティーQさま!! 「プレッシャースタディー・インテリ美女大会」倉田真由美・山本モナが脳力発揮
テレビ東京   三丁目のポスト 杉浦太陽・新婚の妻への手紙!!▽高木美保が天国の友人へ感謝の手紙

 この内容を頭においた上で、下記の記事を読んで、貴方はどう思うだろうか。

ゲームに押されテレビ視聴率が低下

 7月の第1週、日本のテレビ業界に大きな衝撃が走った。なんと1週間の間に放送された番組の中で、ゴールデン・タイムに視聴率9%を超えたものが1つもなかったのだという。業界関係者らは、これを任天堂の人気家庭用ゲーム機Wiiの影響によるものと分析している。
 フジテレビの専務取締役は「日本のテレビ視聴率は常に上下しやすいが、このように著しい低下はあまり経験がない。テレビそのものに問題があるというよりは、Wiiなどの外的な要素に左右されている可能性が高い」と話す。親達は、ゴールデン・タイムにテレビを見るより、子供達と一緒にゲームを楽しみたいと考えているのかもしれない。

7月11日付 「タイムズ」紙

「英国発ニュースダイジェスト」より http://www.news-digest.co.uk/news/content/blogcategory/5/5/
「Times」(英文) http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/technology/article2056279.ece

 現在、フジテレビの専務取締役は太田英昭氏しかいない。もし、太田氏が本気で……取材時の苦し紛れの強弁ではなく……こう思っているのであれば、私たちは今後二度とゴールデンタイムに見たいと思えるような良質な番組を見る事は不可能だろう。

 上記番組表の面子を見て欲しい。他人をけなすことがお笑いと勘違いしている愚劣なタレントと大して芸もない芸能人が主だった出場者である。そして、彼らが馬鹿騒ぎするだけの様子を「バラエティ」と称して垂れ流している。果たして、このようなものを見るために、貴重な一時間を費やそうと思う人間が一体どれだけいるのだろうか?実際、仕事から帰り、まずは休憩をしようとソファに座ってテレビをつけ、見るものがなくそのまま消してしまうことなど日常茶飯事である。

 だが、太田氏には、これらの番組は十分見るに値するものであるらしい。視聴率低下の要因は、番組に問題があるわけではない、あくまでも外部要因なのだ、と。この反省のなさと我が姿の見えていなさ加減に、昨今増え続けているマスコミ不祥事の根本原因を見て取れる。本来、最も客観性を求められてしかるべき彼らが、この始末である。これでは、今後もテレビの凋落はとまらないだろう。自業自得である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »