愛国心ではなく

 有名な小咄がある。かなり流通したと見え、伝わる話に大同小異はあるが、概ねこんな内容である。
 大型客船が、事故のために沈没することになった。女性と子供を優先的に救命ボートに乗せるため、クルーは男性乗客は救命胴衣を来て船から飛び降りるように説得しに回った。

アメリカ人には「これを着て飛び降りれば、あなたはヒーローになれますよ」
イタリア人には「これを着て飛び降りれば、あなたは女性にもてますよ」
ロシア人には「これを着て飛び降りれば、あなたは勲章がもらえますよ」
中国人には「これを着て飛び降りれば、あなたは100万元もらえますよ」
ドイツ人には「これは規則ですよ」
イギリス人には「あなたは紳士ですよね」
日本人には「みなさんそうなさっています」

クルーの説得は100%成功したという。

 実にうまく各国の国民性のステレオタイプをとらまえている。だからこそ、人口に膾炙しているのだろう。時として、何万語を費やした記事より、この手の小咄の方がより人々に真実を伝えることがある。
 さておき、なぜこのような小咄を冒頭に持ってきたかと言うと、英国人英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんが殺害された事件で、フライ英国大使が代読した父ホーカー氏のコメントを聞いたとき、不謹慎ながらこれを思い出したからだ。
 ホーカー氏の声明は、「日本は信頼と敬意の上に築かれた尊敬すべき社会。犯人は日本を侮辱した。隠れることは許されない」という内容のものだったという。罪のない娘を殺され、悲しみと怒りのどん底にいるであろうホーカー氏の、このような言葉に、まずは心からの敬意と無念の死を遂げたご令嬢への弔意を示したい。そして、一日も早い犯人逮捕を心から願うものである。
 国は違えども、人として尊敬されるべき態度には自然と頭が下がる。
 日本でも、少なくとも戦前までは「礼」と「節度」は美徳であったはずだ。ところが、いつの頃からか、それらが「人間らしくない」との批判(?)の元、感情を爆発させることが美徳であるように意識が書きかえられてきた。世界的には「みなさんそうなさっています」と思い込まされたのだ。
 だが、実際にはそうではない。どこの国でも、しっかりとした教育を受け、自己訓練ができている人間は、どのような場面でも冷静さを失わない。ホーカー氏も、イギリスのテレビ番組では泣き崩れていたが、声明文で日本を呪うような愚は犯さなかった。これぞ、紳士の国の真面目であろう。どこかの国とは大違いである。
 戦後、それまでの全てを否定することから始まった日本の再生は、勢い余って否定しなくてもよいものまで否定してしまった。戦後六十年が過ぎた今、私たちは日本人としてもっていた心性の再評価を行うべき時期に来ているし、実際にそのような動きが出始めている。しかし、その際に意識されるべきは「愛国心」などではなく、どの国にも尊敬されるような「礼節」や「節制」だろう。
 私たちは、開国後の日本に来た西洋人たちが感動した、日本人の素晴らしい特性を、もう一度思い出さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸籍とは何なのか

 「300日規定」が見直される方向で、作業が急ピッチに進められているようである。歓迎すべきことだ。生まれた子が誰の子が判定する手段のなかった明治時代ならいざ知らず、DNA鑑定などで容易に親子関係の在・不在が確かめられるようになった現在においては、なんの意味もなさない規定だからだ。意味をなさないどころか、この法律が少なくない人数の国民に害を与える例が頻発しているという。早急なる改定が望ましい。

 しかし、もう一歩進めて考える必要がある。一体、戸籍とは、何のためにあるのだろうか?ここでは、戸籍の歴史的役割は問わない。なぜならば、社会体制も技術の進歩度も違う現代社会において、かつて戸籍が果たした役割を殊更強調することに意味を見い出せないからだ。

 かつて、戸籍は人のアイデンティティを証明するものだった。しかし、今はどうか。例えば、テレビに、失踪者の身元を捜す番組がある。手がかりがない場合、戸籍が一つの手がかりにされる。だが、大抵、その本籍地に本人がいないばかりか、親戚縁者すらいない。私も、その一人である。もし、誰かが私を探すために、私の本籍地を訪れたとして、そこには私を知る人すらいないだろう。こういう状態にある人は、決して少なくないと思う。このような状態で、戸籍に何の効力があるのだろうか。

 世界的に戸籍制度があるのは、東アジアだけ、しかも日本がかつての植民地に持ち込んだものである。そして、現在では廃止されたか、廃止の方向に進んでいる。なんでも世界の大勢に従うべきだとは思っていないが、戸籍に関して言えば、廃止してしまえばよいと考えている。現在社会においては、戸籍はメリットよりデメリットの方が多い。そのようなものを温存する意義は、どこにも見当たらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)